イメージ画像

看護師転職・面接前は情報収集が重要

これは看護師の転職活動に限ったことではありませんが、 転職活動の中でも最も大きな山場といえば、やはり面接なのではないでしょうか。 書類選考をパスし、面接へと進み・・・、なんとなく、 「よっぽどなヘマをしない限り、採用は決まったも同然なのでは?」と油断しがちです。

しかし、やはり多くの方が保存時の通り面接は大切です。 面接で不採用になってしまった・・・、というケースも十分にあり得ることですので、 公開の残らないように万全な準備で挑みたいものですよね。

面接に挑む際は、その準備としてまず応募先の情報収集です。 これは履歴書や職務経歴書などの書類作成の際にすでにチェック済みかもしれませんが、 病院(あるいは施設、企業など)のホームページ、また求人情報の確認をしっかりと行ってください。

また、余裕があれば面接前に実際に足を運んでみても良いかもしれません。 自宅からの距離や時間、職場の雰囲気、患者さんとの接し方など・・・、 百聞は一見に如かず。実際に見てみることで、参考になることは多いはずです。

応募先の情報を収集しておけば、面接であなたの熱心さと意欲を伝えることもできるでしょう。 受け答えでも、その病院が望む看護師像を把握しておけば、的外れなアピールをせずすみます。

また、このように応募先の情報収集を行うことは、面接への対策はもちろん 自分自身が本当に勤めることができる職場なのかを見極めるヒントにもなります。 応募先の情報を集めていく中で、「なんだか思っていた感じじゃないかも・・・?」と 気づかされることもあるかもしれません。

どのような形であっても、面接前の情報収集は欠かせません。 わかってはいても、ついつい忙しくて蔑ろになってしまう・・という方は、 看護師の転職サイトでコンサルタントからの面接サポートを受けることも検討してみてください。

転職サイトでは、専属のコンサルタントが面接の対策、また面接への同行など、 きめ細やかな転職サポートを無料で受けることができます。

このページの先頭へ