イメージ画像

こんな看護師は仕事が決まらない!?

看護師不足が深刻となってきているので求人数は かなりの数あるのですが、それでもなかなか 仕事が決まらない人はいます。 そのような人には特徴があり、例え直接相談できる コンサルタントがいるような場合でも なかなか紹介してもらえなかったりします。

ではどんな人がなかなか仕事が決まらない看護師なのでしょうか? まず、絶対に譲れない条件が3つ以上ある人です。 絶対条件は1つは必ずあったほうが良いのですが 3つ以上あるとなかなか仕事が見つかりません。 特に自分勝手な人に多いようです。

そのような人が面接に行ったら、病院側も この看護師はちょっと厄介そうだなあと思い 不採用にしてしまうこともあります。 ですので、条件を決める時はもし1つだけ 絶対に譲れない条件を挙げるとしたら?と 考えて決めるようにしましょう。

他にも在職期間が平均して3年未満の人は なかなか仕事が決まりません。 これはキャリアが10年以上ある人に限定されますが 長い間看護師として働いているのにも関わらず 転職回数が多すぎると面接すら受けさせてくれない場合があります。

例え良いキャリアを持っていたとしても転職回数が多すぎると、 この人は何かと理由をつけて辞めてしまうかもしれないと 思われてしまいますので、このような人がもし面接を する場合は、素直に謙虚な態度で面接に挑むようにしてください。

そして次は当たり前ですがなかなか面接に行かない人です。 看護師に限ったことではありませんが、 つい慎重になりすぎちゃったり、優柔不断だったりして 面接になかなか行かない人は仕事が決まりません。

他にも自分の個人情報を提出しなくてはならないので あちこちに出回るのが嫌だという心配症の人もいるようです。 個人情報を提出したことで、何か問題が起きたということは 今のところありません。

まず、転職活動は面接に行かなければ始まりません。 優柔不断な人もまずは面接へ行きましょう。 面接に行って初めて希望条件がしっかりとまとまることもありますし、 自分がどんな職場で働きたいのかイメージが 膨らんでくることもあり、色々なことが具体的になります。

そうなると求人を探すのもとても楽になるので 少しでも気になる求人があればまずは面接に行ってみましょう。 以上が、なかなか仕事が決まらない看護師の特徴でした。 もし当てはまっていることがあるようならば、 改善していくように頑張りましょう。

このページの先頭へ