イメージ画像

耳鼻咽喉科の看護師のお仕事って?

耳鼻咽喉科は普段お世話になっている人も多いと思います。 特に花粉症などの人は身近な診療科でしょう。 耳鼻咽喉科では看護師は一体どんなお仕事をするのでしょうか?

耳鼻咽喉科の看護師は、患者さんのケアをするというよりも 診療の際に医師の補助をするということが主なお仕事になります。 場所や時期によってはとっても忙しいこともありますので、 スムーズに診療が進められるように正確に 補助していくことが大切になってきます。

患者さんをケアすることなくずっと診療に 携わっているという日も多く、 耳鼻咽喉科についての専門的な知識も身につくでしょう。 また、診療の補助だけでなく、診療に使う部屋や 器具を清潔に保つためのお掃除や 患者さんを診察室へ誘導することもあります。

また、注射や点滴を行うことも多くなりますので 基本的な看護師の技術は必要となってきます。 他にも、薬について患者さんにわかりやすく 説明や紹介をしなくてはならない場合もありますので、 薬の使用方法などよく理解しておくことが必要です。

耳鼻咽喉科は専門性の高い診療科であり、 看護師でも研修会への参加を求められる事もあります。 研修会に参加するということも耳鼻咽喉科の 看護師の立派なお仕事のひとつなのです。

耳鼻咽喉科は専門的な器具を使うことが多いので そのような器具の使用方法やどんな時に使うのか といった使用用途なども覚えていかなければなりません。

耳鼻咽喉科は大きな怪我をした重症の人が来るような ところではありませんが、例え症状が目に見えていなくても きちんと患者さんの症状に目を向けていくことが 仕事をする上で大切なことだと言えるでしょう。

そして現在では放射能治療を取り入れている耳鼻咽喉科もあります。 医療の発展に伴う影響をきちんと受けているので そのようなことに興味が持てる、ちゃんと勉強できる人が 耳鼻咽喉科の看護師に向いている人だと思われます。

また、耳鼻咽喉科は呼吸器官や感覚器官の専門であるため 他の診療科に転職した時にそのような視点から 患者さんの症状の異常や状態を把握できるようになります。 これは看護師にとってはとても強い武器になりますので スキルアップがしたい人にはおすすめの診療科です。

このページの先頭へ