イメージ画像

産業保健師に語学のスキルは必要?

日本で働く外国人の数は年々増加しています。少子高齢化の影響で日本人の人口が 減っていますから、外国人の労働力は貴重な戦力となっています。 ただこうした労働者は多くが非正規労働者であり、正社員として働いている人は まだ少ないのです。

会社に産業保健師が常駐するような大規模な職場に勤めている外国人は 今は少ないですが、今後はどんどん増えていくことが予想されます。 外国人の社員を抱える企業では、日本人だけでなく外国人の健康管理も 当然ながら考えていかなければなりません。

体調が悪くなった社員は企業内の保健室に相談に行くこともありますから、 産業保健師は外国人にも対処できなければなりません。 いろいろな国の人が働いている場合、それぞれの言語で対応するというのは 困難ですが、せめて英語が話せる保健師なら対応の幅も広がるでしょう。

これからは産業保健師の応募条件に、外国語のスキルがあることというものも 加わるかもしれません。 体調を崩したり、精神的なストレスをかかえて不安になっている外国人は、 英語で実情を訴えることができれば少しは気が楽になるでしょう。

ただでさえ本調子ではないのに、不調をうまく言葉で伝えられなければ さらにストレスがかかってしまいそうです。 それでなくても日本という国は独自の文化もあり、空気を読んだり人の気持ちを 察することで成り立っている部分もあります。

企業で働く外国人も、こうした文化に戸惑ってストレスをためるということが ありそうです。 産業保健師が英語を話すことができれば、外国人の働く環境もより良くなる 可能性があるのです。

現在のところはまだ産業保健師は英語が必須とまで明言されていないかも しれませんが、将来はどうなるか分かりません。 ですがこれから日本に外国人がもっと増えてくることは想像できるので、 どんな職業の人も英語が話せるに越したことはないでしょう。

これから保健師を目指す人は、余裕があれば語学の習得に努めておくと、 将来役立つかもしれません。

このページの先頭へ