イメージ画像

看護師転職サイト利用でのデメリット

看護師の転職サイトは、いまや看護師の転職シーンに欠かせません。 実際に大勢の看護師が転職サイトを使って新たな職場との出会いを果たしています。 そのため、看護師の転職活動についてまとめた様々なサイトやブログで転職サイトのメリットが紹介されていますね。

たしかに、インターネットの普及が進んだ近年では転職サイトをりようする看護師が数多く存在しています。 賢く利用することができれば、あなた自身の転職活動をより有意義なものにすることも可能でしょう。

ところが、看護師の転職サイトには利用する上でのデメリットも存在しているのです。 賢く、スマートな転職活動を進めていきたいのであれば、 利用するうえでのデメリットも十分に理解していおく必要があるのではないでしょうか。

看護師の転職サイト利用での最も大きなデメリットといえば、 《自分に合わないコンサルタントが担当になってしまう事》だと言えるでしょう。 看護師の転職サイトでは、登録後にその看護師専属のコンサルタントがつく形になっています。

このコンサルタントは、看護師本人の状況や希望条件を理解した上で、 求人選びや応募や書類作成、面接の対応や条件交渉に至るまで、 様々なアングルから看護師の転職活動をサポートしてくれます。

大変人気のあるサービスで、同時に看護師本人の転職成功の鍵を握る重要な役どころを担うコンサルタントなのですが、 ケースによっては、自分の希望とはかけ離れた求人を進めて来たり、半ば強引に応募させようとしたり・・・、と、 ハズレのコンサルタントも珍しくはありません。転職活動の専門家であり、

これまで様々な看護師の転職を見てきたコンサルタントとはいえ、 彼らもまた人間で、場合によっては合う・合わないでアクシデントが起こってしまうこともありうるのです。

この理由から、もしも登録したサイトのコンサルタントと合わないと感じるようであれば、 遠慮なく別の手段へシフトしていく勇気も必要です。

また、すべてをコンサルタントに任せきってしまうことも賢いとは言えません。 自分自身の転職活動です。不安や疑問をすべて抱え込む必要はありませんが、 自分のできる事と任せたい部分とのバランスをとりながら上手に活用していただきたいと感じます。

このページの先頭へ